オーダー家具のメリット・デメリット

大阪のマンション造作家具・オーダー家具工房 TOP > どちらを選ぶ!?既製品とオーダー家具

新築マンションの家具のご購入を検討されている方へ

インテリアと一口にいっても、既製品もあればオーダー家具もあります。「オーダー家具は高いから……」「既製品だと部屋にぴったり合うものがない」などなど、さまざまな意見があるかと思いますが、まずは既製品とオーダー家具、両者の違いを知っておきましょう。

あなたはどっちを選ぶ?既製品とオーダー家具

  オーダー家具 既製品
特徴 サイズ、色、素材、機能など要望に合わせて完全オーダーメイドで作られる収納家具 一般的な収納家具販売店で売られている大量生産型の収納家具
機能性 自分の生活や住まいに合わせて自由に機能をつけられる 望む機能が付いていない場合がある
デザイン性 細部までこだわったおしゃれなデザインにできる 画一的で部屋のテイストに合わせて選ぶのが困難
自由度 高い 低い
価格 やや高め やや安い

予算も気になりますが、「せっかくの新居だからこだわりたい」というニーズが多く、住宅購入時に家具もオーダーする方が増えてきています。また、「オーダーは高い」というイメージがありますが、良心的な価格でオーダー家具を提供している工房もあります。予算面を心配される方も、ぜひオーダー家具を前向きに検討されてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちら

使いやすくて暮らしにしっくりなじむ収納家具をお求めなら、オーダー家具がおすすめです。例えば、巾木(はばき)※の型にぴったりはまる家具や収納したいものがスッキリ収まる家具など、オーダーすれば実用的で快適に暮らせる家具をつくれます。

※巾木(はばき):床と壁の継ぎ目、壁の最下部に取り付ける細長い横板のこと。汚れやすく壊れやすい壁の下部を保護する目的で付けられています。

オーダー家具のメリット・デメリット

ご希望に合わせて一から製作するオーダー家具は、当然のことながらメリットもあればデメリットもあるものです。オーダー家具をご検討中の方は、ぜひご覧ください。

  • メリット
  • デメリット
メリット
1.間取りにあった寸法のものがつくれる
設置する場所や部屋の広さに合わせてミリ単位で寸法を測り製作します。市販の家具のようにデッドスペースが生まれることはなく、空間にピッタリの収納家具を設置できます。
2.素材・カラーを自由に決められる
ご希望や家具を設置する部屋の床材・壁材に合わせて、素材・カラーを選択可能。統一感のある空間をつくれます。
3.オリジナルデザインができる
お客様のご要望や部屋の内装などに合わせて世界で一つのオリジナル家具をつくれます。
4.仕様を自由に決められる
耐熱性、防湿性など求める仕様に合わせて素材を決めたり加工したりできます。また、収納したい物のサイズや量に合わせてつくることができるので、過不足なく収納を確保できます。
5.つくりがしっかりした高品質のものができる
専門の家具職人が、用途をしっかりうかがった上でご提案するため、用途に十分耐えうる強度の高い家具に仕上がります。
6.細かい部分まで指定できる
引き出しの取手や蝶番のデザインなど、細部に至るまでお好みのデザイン・機能のものを用いることができます。
デメリット
1.高額になりがち
大量生産している市販の家具に比べると、素材やデザインにこだわりオーダーメイドで製作している分、高額になりがちです。しかし、事前に家具職人に予算の相談をしておけば、予算内で満足のいく家具を製作してくれます。
2.事前に完成品を見ることができない
オーダーメイド品ですので、事前に完成品を見ることはできません。しかし、これまでの製作実績や図面、デッサンなどから完成品をイメージしていただけます。
3.完成までに時間がかかる
オーダーメイドで一からつくるのため、製作期間は1ヶ月~1ヶ月半程度かかります。「すぐにほしい」という要望はかないませんが、納期の目安から逆算して、余裕を持って依頼するようにしましょう。
4.要望通りに仕上がらない場合がある
要望を最大限に取り入れることは前提ですが、デザインや予算の関係上、要望が通らない場合があります。要望が通らないことがあるということを念頭に置いて、要望の優先順位を決めておくと、スムーズに進むでしょう。
TOPページ
制作実績
アートワークスについて